の~んびり歩こう

福島県南を拠点に老若男女,犬種,サイズ問わず個人保護活動中。保護~譲渡までの記録。現在5わん滞在中。目指せ全頭屋内飼い!愛玩動物飼養管理士1級。トリマー。

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

術後の経過順調です

というか、飛んだり跳ねたり走ったり。。。

警備隊長などの職場復帰も果たし

エリカラ付けている意味はもはや3日前割腹したばかりです!という証のみ

傷口を気にして盛大に舐めるので目を離すときは付けてますが

外している時間が多くなりました

ひかるを移動させておいて良かった。。。



覚えとして一連の経過を書いておきますね

チャイムの音に興奮して

「さくらVSひなちゃん」と

「ひかるVSりぼん」ダブルで小競り合いが勃発したため収束に時間が掛かった



ひかるは他犬を傷つけることはこれまで無かったし

いかに興奮していたとはいえガッツリ咬むようなことはない

想像だが

興奮して暴れるりぼんのお腹に

缶詰に穴をあけるフックのように犬歯がハマり裂けた

と思われる

ひかるが本気で咬んだらこの程度で済むはずはない




20170820e.jpg
画像クリックで拡大します 苦手な方は薄目でスルーしてください




うずくまってるりぼんの様子を確認したら

腹部から出血

しかも何やら飛び出してる

病院はどこも昼休みで電話がつながらず

出てくれたところも、受け入れを断られ

仕方なく掛かりつけ病院の午後の診療まで待つことに



出血自体は多くなかったし

意識もはっきりしているものの

時間の経過とともに元気がなくなっていく



一番に診てもらおうと開院前に待機

そのまま入院

手術は閉院後の午後7時30より開始

片付けまで入れたら当然9時を回ったろう

先生ありがとうございました



術中、全身麻酔が掛かっているにも関わらず

患部に触れると暴れたそうだ

よほどの痛み

念のため腹部を大きく切開し腸を全部取り出して傷付いてないことを確認

その後の納め方が良かったのだろう

縫合痕は大きく痛々しいが

翌朝にはすっかり元気に




20170820d.jpg
左が裂けた部位 右からアプローチ




前日の様子から

痛みが酷いようなのでしばらく入院が必要かもと言われていたが

速攻で退院できた

先生の神業に感謝





20170820b.jpg
元気だったけど 退院直後は軟禁状態





不謹慎だけど不幸中の幸いがひとつ

お腹の中をチェックしていただいて

子宮が無いことを目視で確認できた

因みにお腹から飛び出していたのは脂肪だった

以上が経過です





20170820c.jpg





自分の血は平気だけど他人や動物の血は苦手で足が竦んでしまいます

こういう時冷静に判断できないといけないのだけど

かなりバタついて無駄な動きもありました

反省しきり



出戻りが予想外だったため中型3頭混在になってしまいましたが

やはり大きい子は2頭までに抑えたほうが無難ですね

ことが起こった時のダメージが大きすぎる

お財布へのダメージも大きすぎる

単純に収集目的なら個別にケージへ押し込んでおけば良いのでしょうが

室内で家族として飼っていただける方を増やすこと

それが無責任な飼い主を減らし、ひいては殺処分を減らすことにつながる

との思いで活動しているので

室内で飼っていただくためにその生活に馴らすことが先決で

フリーで過ごさせる時間も必要です

効率悪いですが、今回のようなことは2度と起きないようにしないと



本当はこういうことは大きくて財力のある団体に頑張って欲しいところですが

大きい子を一時預かりしてくれる、スキルのあるボランティアは希少らしいですね

小型で性格の良い可愛い子しか預かりたがらない

それは大きい子を欲しがる方が少ないってことでもありますけど



自らは動かずSNSなどで殺処分反対と騒いでる方沢山いますが

是非一時預かりボランティアなどにも興味を持っていただきたいものです

個人での保護活動も是非

そのほうが確実に生かすための思想は根付いていくと思いますよ



結局毒吐いてしまいました

これも反省









りぼんとひかるの里親様募集中です!
多くの方の目に触れるよう応援のポチポチッといただけると幸いです

 

いつもありがとうございます


関連記事
スポンサーサイト

| りぼん | 10:34 | comments:4 | trackbacks:0 | TOP↑

わっ、思わぬアクシデントでしたね。
こんなことが突然あったら焦りますよね。
犬はお腹が命だと聞いたことがあったので、
大事に至らなくてよかったです。痛々しい傷ですが。
避妊手術していたということはかつてきちんと飼われていたのでしょうか。
でも、まさかりぼんちゃんがやられる方になるとは…。
早く完全復帰できると良いですね。
性格も変わるかな?
柚子さんもお疲れ様でした。

| Emiko | 2017/08/23 00:54 | URL |

Re: タイトルなし

Emikoさん、こんにちは!
本当に大事にならず良かったです。
りぼんは小さいし弱いくせに気が強いテリアキャラクターに近い性格を持った子なので、もっと注意を払うべきでした。
福島の獣医は牛などの大動物しか経験ない人が多く、知識も経験もいつの時代の話?って感じでとても任せられないのですが近くに当てにできる病院が出来て良かった。

| 柚子七味 | 2017/08/23 08:24 | URL |

承認待ちコメント

このコメントは管理者の承認待ちです

| | 2017/08/26 07:52 | |

Re: タイトルなし

ヨコちゃんさん、ありがとうございます!
最近逆風ですがそれでも確実にご縁に近づけるよう
ゆっくりでも丁寧にやっていきたいと思います。
これからもよろしくお願いいたします。

| 柚子七味 | 2017/08/27 01:20 | URL |















非公開コメント

http://16paw.blog95.fc2.com/tb.php/1542-65f73d13

PREV | PAGE-SELECT | NEXT