の~んびり歩こう

福島県南を拠点に老若男女,犬種,サイズ問わず個人保護活動中。保護~譲渡までの記録。現在5わん滞在中。目指せ全頭屋内飼い!愛玩動物飼養管理士1級。トリマー。

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

ジル募集終了、近々トライアル開始です

20170529a.jpg




昨日お見合いを済ませ、相性も問題無さそうなのでトライアルへ進むこととなりました

こちらも代々保護わんを迎えて下さっているご家族さまで

先々代はなんと

わたしの古巣の保護団体 

譲渡に関わる姿勢はそこで学ばせて貰いましたし

手前みそですがしっかりした団体です



ですから今回も住環境確認無しでトライアル開始と行きたいところですが

ジルは両大腿骨頭壊死症という遺伝性疾患を抱えており、状態が酷かった方は骨頭切除しましたが、まだリハビリ中

もう一方は落ち着いているので経過観察

元気になった為か、最近イタズラが酷くなってるなど注意事項があり

住環境の摺合せをした方が安心なので今回はお届けです




20170529b.jpg





最近、保護団体から迎えたご経験のある方からのご応募が増えました

ペットブームによる爆発的な遺棄

それに伴い保護活動が活発になったのが10年ほど前ですから

天寿を全うさせていただいて、新たにうちの子探しをされる方が多くいらっしゃるようですね

ありがたいことです



方や、昨今の「殺処分0ブーム」で飼育経験のない人たちによる

不妊去勢手術すらしない丸投げ譲渡やパケボラなどと称するものを介する顔が見えない譲渡が増えていて

譲渡先と連絡が取れなくなったり、逆に、保護主と連絡がとれない

逸走しても探さない

その後の様子を誰も気に掛けない

聞いてた話と違うとクレームすると愛護精神が無いのか?と見当違いの逆切れをされる

酷い時には性別すら間違ってる

とか

トラブルが多発して、保護わんを迎えた善意の第三者が泣き寝入りするケースも頻発しています

譲渡する側にしてみれば一頭でも生かしたい、と思うあまりで

悪意がある訳ではないと思うものの

最後までしっかり関わらないのはやっぱり無責任だと思うし

受け入れ先は無限じゃない



そういう経験を踏まえてしまうと

次の子も保護わんをと考えて下さる方はどれだけいらっしゃるだろうか?

先細りにならないか不安になります





20170529d.jpg





でも

譲渡からアフターフォローまでしっかりしていただける団体さんも頑張ってますから

今後のみなさんのご活躍に大いに期待したいところです



ベテランの保護主&預かりさんのもとでしっかりケアしていただいてる子は

多少問題行動があっても修正されてるし

精神状態も安定しています

保護っ子の生活が見える団体さんであれば尚安心

余計なトラブルに悩まされる事無く

スムーズに新生活をスタートさせることが出来ます

やっぱりそうでないと次に繋がっていかないんですよね




20170529c.jpg




また愚痴っちゃいました

済みません

トライアル開始日程は調整中です






ヒカルの里親様募集中です!
1日1回1クリックが福島っ子を救うための活動になります
多くの方の目に触れるよう、ポチポチッといただけると幸いです

 

いつもありがとうございます



関連記事
スポンサーサイト

| ジル | 16:40 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑















非公開コメント

http://16paw.blog95.fc2.com/tb.php/1464-ccfc62bd

PREV | PAGE-SELECT | NEXT