の~んびり歩こう

福島県南を拠点に老若男女,犬種,サイズ問わず個人保護活動中。保護~譲渡までの記録。現在5わん滞在中。目指せ全頭屋内飼い!愛玩動物飼養管理士1級。トリマー。

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

凜子の里親様募集要項

16923664_267241633708811_677761206_n.jpg

犬種     パピヨン
毛色     セーブル&ホワイト
性別     メス
推定年齢  推定12歳 
体重     2.0→2.3kg(適正)
体高     25cm
仮名     凜子

     
 性格・暮らし
・穏やかで無駄吠えなどはありません。
・人間が大好きで目が合えば尻尾フリフリで甘えてきます。
・排泄はトイレシートで済ませます。
・歯槽膿漏が酷く、残っていた4本の歯はすべて抜歯しました。フードはウエット系にしています。
・日々の様子はこちらでご確認ください
  → 「 凜子の毎日 」


 保護経緯
迷子犬として保健所に収容されました。
お迎えを待ちましたが飼い主が現れませんでしたので、寒さで体調を崩す前に当方で引き出し里親様を探すことにしました。


 今までに行った医療行為
・5種混合ワクチン接種(2月13日済)
・レボリューション滴下(2月13日済)
・簡単な健康チェック(2月16日異常なし)
・検便(2月16日異常なし)
・フィラリア抗原検査(2月22日済、陰性) 
・血液検査(2月22日済、再検査3月2日済、検査結果別記)
・不妊手術(2月22日済)
・抜歯(2月22日済)
・マイクロチップ挿入(2月22日済)

 今後行う予定の医療行為
なし


 譲渡に関するお願い
・可愛がってあげて下さい。
・畜犬登録と終生飼育をお約束下さい。
・毎年の狂犬病予防接種・混合ワクチン接種・フィラリア感染予防をお約束下さい。
・完全室内飼育をお願いします。
・医療費の一部(不妊手術代等、上限50,000円)をご負担願います。
 医療費ご負担金額は「ペットのおうち」で公開しておりますのでご参照下さい。
・譲渡の際には必ずご自宅までのお届けとさせていただきます(里親詐欺防止、飼育環境確認のため)
 お届けの都合上、福島近県にお住まいの方のご応募をお待ちしておりますが、
 遠方でもお届け可能な場合がありますのでご相談下さい。
・お願い事項を書面にてお約束いただけない方、ペット可住宅にお住まいでない方はお断りさせて頂きます。
・小学校低学年以下のお子様がいらっしゃる世帯さまへの譲渡は出来ない場合があります。
・同棲カップルのみの世帯さまへの譲渡はいたしません。
・単身者や高齢者のみの世帯さまの場合は後見人が必要です。


 譲渡の流れ
1)アンケートをいただいた後、飼養環境等の問題がなければお見合いをしていただきます。
2)お見合いは保護場所の福島県西白河郡近辺までご足労をいただきますが、ご了承願います。
3)お見合い後再度検討していただき、問題なければトライアル(2週間程度のお試し飼い)へとお話を進めさせていただきます。
4)トライアル開始時は、ご自宅まで希望の子を連れてお伺いし、飼養環境を確認させていただきます。
 ※トライアル開始の日に、医療費一部ご負担の費用(上限50,000円)をお預かりさせていただいています。
 (ご縁が調わなかった場合はお預かりした医療費一部負担の費用はご返金致します)
5)お届けが遠方の場合は交通費をいただきます
6)無事にトライアル期間が終わりましたら、正式譲渡の手続きをさせていただきます。


                                   


応募は下記の「里親様募集アンケートフォーム」よりお願いいたします。
アンケート最下欄の質問欄に「凜子希望」とご明記の上お送りください。
 「里親様募集アンケートフォーム」  
※先着順ではありません。
  犬の性格・年齢・病気等を考慮し、多方面から検討して、
  新しいご家庭を選ばさせていただいています。
※個人情報に関しましては厳重に管理し募集終了後責任をもって破棄させていただきます。





凜子、ゆず、おうじろうの里親様募集中です!
1日1回1クリックが福島っ子を救うための活動になります
多くの方の目に触れるよう、ポチポチッといただけると幸いです

 

いつもありがとうございます




20170302f.jpg

血液検査結果です

上段は2月22日検査結果

血中アンモニア濃度 112umol/l ↑
血糖値           61mg/dl ↓


下段は3月2日検査結果

血中アンモニア濃度   42umol/l (正常)
血糖値           98mg/dl (正常)


「肝門脈シャント」もしくは
口内細菌増殖に伴うタンパク質異常生成または収容時にたんぱく質大量摂取などにより肝機能が処理能力の限界にきて
アンモニアが血中に流れ込んでいるという可能性がありました
そのため口腔ケア一週間経過の後に再検査しました

結果すべて正常値になってましたので治療の必要はなくなりました

また、ALP値が270IUと若干高めなのですが、高齢によるもので別段異常ではないそうです



関連記事
スポンサーサイト

| 保護犬紹介ページ | 19:54 | comments:0 | trackbacks(-) | TOP↑















非公開コメント

PREV | PAGE-SELECT | NEXT