の~んびり歩こう

福島県南を拠点に老若男女,犬種,サイズ問わず個人保護活動中。保護~譲渡までの記録。現在5わん滞在中。目指せ全頭屋内飼い!愛玩動物飼養管理士1級。トリマー。

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

トリミングと医療処置

昨日引取りのパピヨン、仮名は「凜子」にしました

昨日のつづきです



帰りのクレートの中でもゲーリーにまみれてしまったので

帰宅後すぐにトリミング

病院に直行するつもりで何の準備もしてなかったから

準備の間シンクに入っててもらいました




20170216d.jpg
不安げにヒーヒーと泣いてます




シャンプーやドライヤー、バリカンやハサミ、爪切り

どれもあまり馴れていない様子なので

お手入れにお金をかけて貰えなかったようですね



トリミングが済んでフリーにして様子を観つつ

食事の準備にとりかかっていたら

(わたしの)エネルギー切れの原因になった、いきなりの鼻血

鼻腔内腫瘍が破裂か?と焦って

時間外でしたが掛かりつけの病院で診ていただくことにしました





20170216e.jpg
お尻に体温計を差されて「ムムッ?」の凛ちゃん





診断結果はろう管からの出血

口腔ケアもして貰えなかったようで歯がほとんど残っていないのですが

その歯ぐきだけになった部分が道管になって鼻腔と繋がっているための出血でした

下顎に唯一残ってる犬歯も歯根が露出してるので抜歯になるかもしれません

顎が小さくぜい弱なのに加え

顎骨自体も永年の歯槽膿漏放置による炎症で溶けてきてます

不妊手術で麻酔をかけるタイミングで出来るだけ口内洗浄していただいて

炎症を止めるしか溶けるのを防ぐ術はありません

それまでのつなぎとして抗生剤と消炎剤をいただきました



やれやれ、と帰宅後

妙な物が落ちていたので拾い上げたらなんと

ボロボロになった犬歯

これ多分わたしがいない間みんなで遊んだんだろうな

さっきはここになかったもの・・・





20170216j.jpg
元犬歯





鼻血の原因はこれですね

辛うじて塞いでいた栓(歯)が抜けたことで鮮血大量噴出になったということのようです

短時間でこんなにならないでしょうから

他の歯も含め、随分長い間辛かっただろうな~と思います





20170216h.jpg
人のお膝が大好きです





検便異常なし

心雑音なし

体重2kg(痩せている)

推定年齢12歳





20170216i.jpg
トリミングしてフワモコになりましたが身はガリガリです




不妊手術、血液検査、マイクロチップ挿入等の医療処置の予約を入れました

高齢だから妊娠の心配ないし、不妊手術は不要なんじゃないの?

高齢の子を引き取った時に必ずされる質問ですが

男の子も含め高齢だからこそ可能な限り手術はしますよ

子宮蓄膿症や前立腺肥大などの生殖器系の病気は、高齢になればなるほど発症率が上がりますし

麻酔のリスクも増します



昨今「不妊去勢手術は必要ない」と豪語する不思議な団体さんが幅を利かせて

未施術犬を大量放出してますが

未施術犬過密地帯で自然災害でも起きて、まとまった数が放たれたら

凄まじい乱繁殖が起きるでしょうね

神奈川や東京にお住まいのみなさん大丈夫ですか?

因みに件の団体さん、さもご自身が殺処分0を更新させてるようなニュアンスで宣伝されてますが

犬よりも遙かに多い猫の全頭引出をされているのは、この団体とは無関係の 犬猫みなしご救援隊さんです

念のため



医療技術の低い病院だと簡単な手術でも死亡させてしまうこともありますから、もちろん病院選びも大事です

数年前3歳のヨーキーを子宮蓄膿症で亡くしてしまったというご婦人に会いました

聞けば

子供をとるつもりだったから不妊手術しなかっただとか・・・

病院にも連れて行ってお薬をいただいて一週間も頑張ってくれたとか・・・

不治の病で死なれて(わたしが)哀しいと悲嘆に暮れてましたがね

その病院、不妊手術すらまともに出来ない、めちゃくちゃ評判が悪い病院です

痛くて苦しくて、本当に哀しかったのはその子ですよ

他に問題無かった子だし切除すれば良いだけだったのに・・・

この方に飼われてなかったら、その子は今も元気に暮らしていたでしょうね



研究熱心で知識・技量ともに申し分ない方も沢山いますが、獣医師はみなが皆そうではありません

全国で一斉に行われる狂犬病集団予防接種とペットショップへの寄生だけで生計を立てていて、治療経験がほとんど無い獣医師も少なからずいます

野良猫の施術しかできない(医療ミスでも患畜主のクレームが無いから)方もいます

勉強不足で定説と相反する古い知識で治療をしている方もいます

うちの子が健やかに暮らせるかは、信頼できる獣医師を見つけられるかどうかにかかってます

せっかく情報化社会で暮らしているんですから

最大限に生かして、信頼できる獣医師を見つけて下さいね

大幅に横道に逸れちゃいましたが、そんなわけで22日に医療処置予定です






ゆず、おうじろうの里親様募集中です!
1日1回1クリックが福島っ子を救うための活動になります
多くの方の目に触れるよう、ポチポチッといただけると幸いです



いつもありがとうございます


関連記事
スポンサーサイト

| クレアちゃん(旧凜子) | 11:23 | comments:2 | trackbacks(-) | TOP↑

初めまして。ぺっとのおうちから飛んできました。いわき市在住なので凜子ちゃんの写真が目に止まり。

現在大型シェルティと元保護犬のコーギーを飼っているのですが、いつか3頭目も保護犬を…と思い、つい里親募集サイトを見てしまいます。凜子ちゃん、とても可愛くて引き取りたい気持ちでいっぱいです。でもうちのシェルティが手術を控えており、手の掛かる舅もいるので(笑)まだ今がその時ではないのかなともどかしい気持ちでいっぱいです。

凜子ちゃん、ご飯と血液検査の不安さえクリアすればとても飼いやすい子ですね!きっと良い里親さんが見付かると信じています。本当にうちで飼えればいいのに…。

ワンコの保護活動、簡単に出来ることではありません。深く感謝いたします。

| あこたん | 2017/03/02 15:21 | URL |

Re: タイトルなし

あこたんさん、初めまして!
保護犬にお気持ちを寄せていただいてありがとうございます。
ご家庭に事情、お聞きしただけでも大変そうですね。
いつかお時間に余裕が出来た時が新たに迎える時期だと思います。
その時は是非ご検討下さい。
凜子、本当に可愛いですよ~。
心配事が無くなりましたので犬生昇り調子です(^_^)

| 柚子七味 | 2017/03/03 17:57 | URL |















非公開コメント

PREV | PAGE-SELECT | NEXT