の~んびり歩こう

福島県南を拠点に老若男女,犬種,サイズ問わず個人保護活動中。保護~譲渡までの記録。現在5わん滞在中。目指せ全頭屋内飼い!愛玩動物飼養管理士1級。トリマー。

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

旧三春シェルター稼働に向けて

6年前の東日本大震災時の被災動物救護所の一端を担っていた

全国から寄せられた義援金で稼働していた三春シェルターがその役目を終え

(原発事故避難区域にはいまだ取り残された動物はたくさんいますが)

昨年1月28日付けで福島県に寄贈されました



一昨年の秋の県譲渡会が行われた際に見聞した

うず高く山積みになったゲージ

冷暖房完備の沢山の個室と医療設備

広大な駐車スペース

これだけ設備が充実しているハコものを無償で提供されたんですから

最大限の有効活用をしていただけるはず

と大いなる期待をしているところですが、さて





P1010952.jpg
寄贈される前の2015年10月に許可を得て撮影した個室





遡って昨年2月の福島県定例会議にて旧三春シェルターの役割について答弁の中で触れられていますので抜粋しました

  (次に、)寄贈を受けた三春町の動物救護施設につきましては、県の動物愛護推進の拠点としてその具体的な活用方法を検討していくこととしております。
 その中で、保護した動物と触れ合う機会の提供や発災直後に取り残されたペットの写真の展示等により、生命の尊重や動物の愛護を学ぶ場とするなど多くの県民に命の大切さについて理解を深めていただけるよう取り組んでまいります。
(P262 保健福祉部長の答弁抜粋)


引用元
【 平成28年  2月 定例会-03月04日-一般質問及び質疑(一般)-08号 】




あれから一年、今春の稼働に向けてみっちり話し合いが行われているはずですね

それなのに、未だ稼働方針なり形態なりが見えてこないので一抹の不安をお持ちの方もいらっしゃるのでは?

税金を納めているひとりとして

言葉通り

「生命の尊重や動物の愛護を学ぶ場とするなど多くの県民に命の大切さについて理解を深めていただけるよう」

な施設にしていただけることを期待しております

一年かけたんですからね

税金泥棒と後ろ指差されないものをお願いしますね




それにしても

そんなに悩むことなんでしょうかね?

直ぐ近くに「郡山市の取り組み」という立派なお手本があるんですから、同じことをすれば良いんじゃないの?って思うんですが・・・

プライドがじゃまするんでしょうかね?

不思議MAXですよ・・・

参:「郡山市の取り組み」(
「やる気の問題」/「平成27年度の収容犬返還・譲渡率92.9%」



今年度最後の定例会議が明日から開会(会期2月14日~3月17日)ですが

これで承認されないと稼働も危ぶまれますから必ず議題にあがってくるはずです

もしかすると

平成29年2月県議会定例会知事提出議案件名

「議案第44号福島県動物の愛護及び管理に関する法律施行条例の一部を改正する条例」

あたりで触れられるのではと予測しています

インターネット中継などもされているので、動物を愛する全国のみなさん是非覗いてみてください

また、会期中に新聞などで報道されることもあり得ますから、情報入りましたらまたお知らせします






ゆず、おうじろうの里親様募集中です!
1日1回1クリックが福島っ子を救うための活動になります
多くの方の目に触れるよう、ポチポチッといただけると幸いです



いつもありがとうございます


関連記事
スポンサーサイト

| 福島県内保健所の子たち | 10:26 | comments:0 | trackbacks(-) | TOP↑















非公開コメント

PREV | PAGE-SELECT | NEXT