の~んびり歩こう

福島県南を拠点に老若男女,犬種,サイズ問わず個人保護活動中。保護~譲渡までの記録。現在5わん滞在中。目指せ全頭屋内飼い!愛玩動物飼養管理士1級。トリマー。

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

ケリー、トライアル決定&不妊手術済

<誤解を受けるような表現があったので、加筆&修正しました>


20170204a.jpg




募集を掛けた途端に沢山のご応募をいただいて、ありがとうございました

早々にお見合いも済ませ

トライアルに入ることになりましたことをご報告いたします



事前準備として

「トライアル開始までにご用意いただきたいものリスト」なるものを

毎回お送りさせていただくのですが

お散歩に必要なリード&カラーとハーネスをご準備いただくために採寸したら首回りが29cmしかない・・・

どんだけスレンダーなんでしょうね~

ある意味羨ましいですが

ケリーが経験したような飢えは、多分私には耐えられないでしょう

減量は遠い夢です




20170207b.jpg




昨日不妊手術を済ませました

ケリーにとっては青天の霹靂

お腹グルグルが治ったと思ったら今度は凄く痛くて、昨晩は身動きするたびにヒーヒー抗議しておりました

今朝は大好きなゆずとはまだ遊べてませんが(傷口開いたら大変なので遊ばせるつもりもありませんが)

泣き止んだので回復はしているようです




フィラリア抗原検査は陰性

体重は13.8kg(2週間まえより100グラム増)

ずっと下痢が続いていたにも関わらず減ってないことは何よりです

これからじっくり増やして行きましょう



今回残念ながらご縁を繋げなかった皆さま及び福島県在住の皆様へ

6年前の震災以降の禁猟で不要になったセッター、ポインター、ブリタニーなどの猟犬が沢山遺棄されています

その中には猟犬専門のもぐりの繁殖屋も含まれていてシーズン毎に酷使されていたアビルちゃん(昨年幸せゲット)のような子も。。。

一時期は収容施設はセッターでいっぱいになったとの談もありました

残念なことですが、郡山市の取り組み(
「やる気の問題」/「平成27年度の収容犬返還・譲渡率92.9%」)のような抜本的な対策をしない限り、遺棄は続くと思われます

各保健所の職員さんはとても頑張って下さってるんですがね

机にしがみ付いて首だけ回して支持するような、お偉いさん連中の意識改革が待たれます




猟師のモラルが一番問われるところですが

遺棄されたワンズは何も悪くない訳ですから

TOP固定の福島県内保健所の収容犬猫情報をご活用いただいて保健所からの直接譲渡もご検討いただければ幸いです




その他の地域にお住まいの皆さまへ

福島県内保健所は可能な限り譲渡に向けてケアはしつけをして下さってます

一定の手順は必要ですが、広く門戸を開いて下さってますから

福島っ子も是非うちの子探しの選択肢としてご検討ください

もちろん、お住まいの地域の子優先で!



ご希望に添えなかった皆様には大変申し訳なかったのですが

いつか運命の子に出逢えますよう、お祈り申し上げております






ゆず、おうじろうの里親様募集中です!
1日1回1クリックが福島っ子を救うための活動になります
多くの方の目に触れるよう、ポチポチッといただけると幸いです



いつもありがとうございます

関連記事

| こももちゃん(旧ケリー) | 11:30 | comments:0 | trackbacks(-) | TOP↑















非公開コメント

PREV | PAGE-SELECT | NEXT