の~んびり歩こう

福島県南を拠点に老若男女,犬種,サイズ問わず個人保護活動中。保護~譲渡までの記録。現在5わん滞在中。目指せ全頭屋内飼い!愛玩動物飼養管理士1級。トリマー。

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

野生児ゆずは今日も元気にビビってます

ゆずを保護して半年が過ぎました

直ぐにご応募があり一旦嫁いだものの環境に馴染めず

里親様もゆずもストレスを溜めて行く様子を見かねて返していただいてから二か月

とても落ち着いた表情になって来てませんか?

どうでしょう




20170104c.jpg




数年前だったら間違いなく

人馴れしない野犬として殺処分になっていただろうゆずです

飢えや外敵に怯えながら野犬としての天寿を全うすることなく

一般家庭に縁付くのを悠長に待ちわびてるこの状況に感謝しながら

全国各地では相変わらず日常的に殺処分が行われている状況を憂いながら

飼い犬の遺棄や虐待が減るよう

無謀な繁殖を繰り返して不幸ないのちを増やさないよう

微々たる力ではありますが自分に出来ること模索しながら

地道に頑張らないとね



今ある生を満喫しているゆずを見ていて思います




20170104d.jpg




毎日

朝起きた時や帰宅時は初めましての警戒心を見せるし

人が動けば硬直し、耳や目が警戒モードになって人の動きを追う状態ですが

かなこに対抗して甘えてくる様子も見られ

一線を越えてこちら側に来てくれそうな気配が感じられるようになりました




大切な社会化期を

保護するためとはいえ数か月間人間に追い回されて

多分、普通の野犬より人間不信が強く残っているでしょう

恐怖がすべてを凌駕するので

食欲がなくなるくらいストレスを感じれば餓死すら厭わないくらい内に籠ってしまいます

引取り時には「譲渡できるまで一年かかるかも~」と言いながら連れ帰ってきましたので

まだ半年もわたしの中での余裕があります




20170104e.jpg





脱糞しようと

ストレスでハゲが出来ようと

食欲が無くなろうと

強引に躾けなければダメ

という意見をいただきました

昔ながらの力で押さえつけるトレーニングですね

でも

このトレーニングが「野犬は懐かない」という定説を作ってしまったんだと考えていますので

強引なやり方は今後もするつもりはありません

これまで同様に他の保護っ子に先を越されながら

色々な子と触れ合って学習して

目標は「ちょっとビビリなワンコ」レベル

急がせず

焦らせず

付き合って行きたいと思います




20170104a.jpg
一見構ってちゃん




20170104b.jpg
でも手を伸ばすと逃げます 




20160814yuzu.jpg  チャレンジャーなあなたは是非、募集ページへ
                      





かなこ、ゆず、おうじろうの里親様募集中です!
1日1回1クリックが福島っ子を救うための活動になります
多くの方の目に触れるよう、ポチポチッといただけると幸いです


いつもありがとうございます



関連記事
スポンサーサイト

| ゆずちゃん | 11:14 | comments:0 | trackbacks(-) | TOP↑















非公開コメント

PREV | PAGE-SELECT | NEXT