の~んびり歩こう

福島県南を拠点に老若男女,犬種,サイズ問わず個人保護活動中。保護~譲渡までの記録。現在5わん滞在中。目指せ全頭屋内飼い!愛玩動物飼養管理士1級。トリマー。

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

虐待目的の里親詐欺情報

山形県及び福島県で猫譲渡活動されている方へ

猫を虐待遺棄目的で収集している男の情報です

年末年始の慌ただしさで確認が甘くなることもあり得ます

注意喚起のため拡散願います

情報元の個人情報を含んでましたのでコピペにしてます

詳細情報が必要な方は福島アダプトネットワークさんにお問合せされてください






山形県内での不審者情報です。
置賜は山形県南部地方です。

過去には福島市内で猫を取得しようとした経緯もあります。個人で里親募集をされる方はご注意下さい。
不安な方は個人情報の部分があるのでアダプトまでご連絡下さい。

以下転載です
----------------------

【里親詐欺情報についてのお知らせ】
 
先日の虐待目的と思われる里親詐欺情報について、詳細が分かりましたので、誤解のないよう経緯を下記のようにまとめました。
(個人情報保護法に関わる部分の配慮を含みます)
 
シェアされた投稿を読んだ方の中には、以前の経緯も知らずに動揺されてる方もいます。
混乱・情報の錯綜を避けるため、独自に把握した経緯と状況をまとめました。
 
他に似たような状況の情報提供や、緊急性・情報の拡散の必要があると判断する場合、確定的な情報以外は、この投稿が全てです。
文章の捉え方は個々に違います。
ここに書いた内容から、状況をご判断いただきたいと思います。
   
==================================================
 
≪ 経緯・状況 ≫
 
・12月中旬、子猫の里親募集をされていた方(Aさん)のところへ「友人が猫を飼いたがっている。子猫を譲ってもらえないか」と電話があった。(電話主B)
・募集していた子猫はすでに他の家庭に迎えられていたので、保健所からの譲渡をすすめたら咄嗟に「保健所には行けない」とのこと。
・飼いたい本人からの連絡ではないこと、保健所に行けないことを不審に思った募集主さんが、ある方(Cさん)に相談したところ、Aさんが聞いていたBの住所と、以前から虐待目的と思われる里親詐欺の疑いのあった男(D、以前の状況については最下別途)の住所が酷似していた。
・Dはすでに引っ越しており、所在不明。
・BとDの名前(自称)は一致していない。
・12月中旬まで、置賜保健所のHPには「猫のボランティアを語る里親詐欺への注意喚起」が記載されていたが、リニューアルにより削除された。その直後の電話である。
・すでに決まった子猫のチラシを見ての問合わせということで、近々までチラシを貼っている場所へ立ち寄っている可能性がある。
・Dについては置賜保健所も警戒しており、保健所からの譲渡はできない状態。
 
==================================================
 
≪ 詐欺に遭わないための対策を ≫ 譲渡される方へ
 
①状況的にBとDが同一人物と確定できる状態ではない。
②住所や名前は偽っている可能性が極めて高いと思われる。
③保健所のHPから注意書きが消えた途端の問合わせの電話。
④保健所からの譲渡は不可能。

この状況から、断定はできないが極めて怪しいとの判断で、「万が一」を想定して注意喚起の意味で情報が流れました。

一般的に動物虐待は密室で行われ、その処分もしやすいため、証拠や物的証拠を押さえるのは難しいです。
また、外見は普通でも特異な人間が多いことから、人的被害を被ることも予想されます。
くれぐれも個人の判断で行動を起こすことはやめてください。

また、BとDが同一人物であるかどうかに関わらず、譲渡の際に留意すべき点の見直しが必要かと思います。
「欲しいっていうからあげた」という感覚では、いつか被害にあう可能性があります。
 
実際に被害に遭うのは、譲渡したあなたではなく言葉を話せない動物たちです!
 
譲渡条件の見直し・再確認等をお願い致します。

新しい情報として、最近「家の猫がいなくなったが保健所に保護されてないか」という問い合わせが保健所に増えているそうです。

特異な人間は、欲求を満たすためにはあらゆる手段を使うと思われます。

被害に遭うリスクを避けるため、車の事故や感染症から守るために「室内飼養の徹底」をお願いいたします。
 
==================================================
 
≪ 以前の経緯について ≫
 
置賜管内で、猫のシッターや保健所ボランティアなどを名乗る男が短期間に次々と猫を引き取っている状況があった。
譲渡した側が、猫の所在について問いただすと「逃げた」「親に預けた」「車に轢かれた」など、引き取られたはずの猫がことごとく死亡あるいは所在不明になっていた。
手から二の腕には、新しい傷やケロイド状になった無数の引っ掻き傷があった。
保健所で譲渡を拒否されてから「男の車に大量の捕獲器が積んであった」という目撃情報もあった。
保健所や警察が確認に訪れても拒否されて室内の確認もできず、しばらくして引っ越し所在不明になった。
(所在不明=保健所では管轄外のため把握できない)







ブログランキング参加中です
拡散のためポチポチっとお願いいたします


 

にほんブログ村 犬ブログ 犬 里親募集へ



関連記事

| 地域情報 | 16:55 | comments:0 | trackbacks(-) | TOP↑















非公開コメント

PREV | PAGE-SELECT | NEXT