の~んびり歩こう

福島県南を拠点に老若男女,犬種,サイズ問わず個人保護活動中。保護~譲渡までの記録。現在5わん滞在中。目指せ全頭屋内飼い!愛玩動物飼養管理士1級。トリマー。

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

いまどきのデンタルケア さくら編

いまどきのデンタルケア最終回です

過去記事はこちら 

  
いまどきのデンタルケア ナイル編

  
いまどきのデンタルケア 保護っ子編




この商品は動物病院か直販のみ入手可能だそうです

ご興味ありましたら下のサイトへどうぞ

379f849db6b157da7afa.png  ロゴクリックでホームページへ




20160615sakura.jpg
モデルは我が家の重鎮さくら姐さんです




20160914sakura6.jpg
牛骨粉砕強靭な顎と歯そして食い気は一流




食べ物を見ると、未だお涎の水溜りを生成するくせに

12歳目前という年齢には勝てないらしいです

口内環境を維持できるほどの涎が出てないから歯石はしっかり付きます

噛むときに使う歯が決まってるんじゃないでしょうか

部分的に異常に蓄積している箇所があります

右奥歯の大きな歯石周辺は歯ぐきの炎症がみられたので、まずスケラーで除去しました

(これくらいだと痛みがあったかもしれません)

1日2回歯石や着色があるところを重点的にリデンタを塗り込み、ひと月観察しました





20160913sakura4.jpg
観察開始、右奥歯に大きな歯石と歯ぐきの腫れがありました
大きな歯石のみスケラーで除去





20160914salkura5.jpg
2週間経過





20160913sakura2.jpg
4週間後、歯ぐきの腫れが引いて歯石がかなり取れました





20160914sakura7.jpg
左奥歯ひと月前の観察開始時





20160913sakura3.jpg
ひと月後、一部歯石が除かれるも、現状維持程度でしょうか
撮影後爪で弾いたら全てポロポロ取れたので、取れやすくはなっていたかも





最初は、そうは言っても歯磨きした方が良いだろうと思っていたのですが

適当に噛むものを食べている子は必要なさそうですね

歯石取り効果あり

口内環境維持として有効

歯ぐきの炎症が酷い子は薬剤が届きにくい深層部でのトラブルが深刻になる可能性を考えて、一旦麻酔を掛けてスケーリング済ませてから口内環境維持として使用するほうが良いのかなと感じました

これでレポート終了しますが、何かしら役に立てたでしょうか?

無理なく、一生トラブル無しの口で過ごさせてあげられたら良いですよね 






がっちゃん、おうじろうの里親様募集中です!
1日1回1クリックが福島っ子を救うための活動になります
多くの方の目に触れるよう、ポチポチッといただけると幸いです




いつもありがとうございます


関連記事
スポンサーサイト

| ワンコのケア、しつけetc | 16:25 | comments:0 | trackbacks(-) | TOP↑















非公開コメント

PREV | PAGE-SELECT | NEXT