の~んびり歩こう

福島県南を拠点に老若男女,犬種,サイズ問わず個人保護活動中。保護~譲渡までの記録。現在5わん滞在中。目指せ全頭屋内飼い!愛玩動物飼養管理士1級。トリマー。

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

アレルギー性腸炎と闘う、豆ちゃん通信

豆ちゃんの保護経緯はこちらです ⇒ 「豆の物語」



DSC_0336b.jpg



うちで引き取る子って大抵心身になにかしら問題を抱えてます

多分それが遺棄の理由になってるのでしょう

終生飼育は当たり前

それなのに元飼い主は不用品のように捨てて、忘れて、普通に生きていくんでしょうね

せめていつか良心の呵責に耐えかねて涙する時があって欲しい

引き取る度に思います

捨てられてやっと本当の幸せをゲットできる子は稀です

しかも勝手に幸せがやって来たわけじゃないですよ

沢山の優しい手が導いていくのです



豆ちゃんは「アレルギー性の腸炎」持ちです

収容時より下痢が続いており、それがうちで引取ることになった縁でした

長くは生きられないかも・・・獣医師にはそう説明されました

激しい腸炎から始まったトライアルを無事に乗り越えて下さって今は快腸

食いしん坊なのに食べ物を制限された生活ですが、なるべく快適にとママさん頑張って下さってます

療法食も高いですから大変だと思います

ありがたいです



DSC_0329a.jpg
ピンキーちゃん                豆ちゃん



先住のピンキーちゃんとは、たまにバトルこともあるようですが概ね良好

ピンキー&豆ちゃんママさんからのメッセージの一部をご紹介しますね



夜は下の子と寝ていて、その部屋はオバケが出るので(笑)豆と寝だしてからは怖くなくなった様です。

車はあまり得意じゃなさそうですね。

ペロペロしてるので車酔いなのかわたしの運転?と思ってます。

この頃はお散歩でピンキー歩くの遅いんですが、後を振り返って待っててくれるようになりました。

ソファーがお気に入りでいつもそこにいるかキッチンで何かあるかなーと物色しに来ます。




豆ちゃんは闘う女だから、きっとオバケをやっつけてくれたのでしょう  

わたしと同じくトリマーさんで動物病院にお勤めの経験をお持ちなので、万一の時でも間違いない対応をして下さいます

一度発作が起きると激しい下血が起きますから失血死するんじゃないかって、わたしなんかは慌ててしまいますが

頼りになるママができて良かったね

これからもどうぞ宜しくお願いいたします





花鈴、ミレの里親様募集中です!
1日1回1クリックが福島っ子を救うための活動になります
多くの方の目に触れるよう、ポチポチッといただけると幸いです




いつもありがとうございます


関連記事

| 豆ちゃん | 11:46 | comments:0 | trackbacks(-) | TOP↑















非公開コメント

PREV | PAGE-SELECT | NEXT