の~んびり歩こう

福島県南を拠点に老若男女,犬種,サイズ問わず個人保護活動中。保護~譲渡までの記録。現在5わん滞在中。目指せ全頭屋内飼い!愛玩動物飼養管理士1級。トリマー。

2017年07月 | ARCHIVE-SELECT | 2017年09月

≫ EDIT

ひなの術前検査

お腹の調子が戻ってしっかりした便がゲットできたので、検便がてら術前検査してきました

心雑音なし

検便異常なし

フィラリア陰性

血液検査は概ね良好(GPT115IUと少し高めですが、ヒートの影響とのこと)

体重8.8kg(適正)

しかしひとつ問題が





20170806b.jpg
他の子が気になって落ち着きがないので抱っこ





大小の乳腺腫瘍が群発してました

今後の安寧な生活を考え乳腺ごと切除することになりそうです

不妊手術が10日の予定なのでその際に再度しっかり診ていただいて

今後の心配が無いレベルまで切除していただきます



乳腺腫瘍が発生していることを考慮すると6~7歳くらいかもしれないとの獣医師談

には耳を傾けず

最初の3~4歳を生かそうかと思ったのですが年齢詐称と後ろ指さされてもなんなので

ここは6歳で手を打ちましょう(そういう問題じゃないけど)

ということで下方修正

推定年齢6歳です(童顔に騙されてはいけませんね)





20170806a.jpg
お立ち台ではお利口さんにできました




何も出なければ募集開始しようかと思ってましたが

術後の経過を見てからにします 残念

適正な時期に不妊手術をしていれば生殖器系の病気で悩むことはほとんどありません

たかだか番犬にお金を掛けたくないですか?

生き物ですから、体調管理は飼い主の責任です

大きな脳みそを駆使して10年先を考えてくれていたら

不妊手術は絶対必要と気付いてくれるはず



不妊去勢手術は必要ないと公言している団体もありますが

真に受けてはなりません

今ある命を本当に助けたいと思うなら新たな命を増やさないことが先決です

犬の繁殖能力は馬鹿にできません

子孫を残そうという本能は3mの壁さえ越えさせます

女の子の場合はリスク軽減のために最初のヒートの前に済ませるのが理想です

男の子の場合は睾丸が下りていたらいつでもOKですが

犬種によっては成長ホルモンとの兼ね合いがあるので掛かりつけの獣医師と納得いくまで話し合ってください



一犬飼いとして

ご自身の愛犬のことだけではなく

殺処分を減らすためにはどうすればよいのか、全体の状況も考えてご自身の処し方を決めていただければと願います




20170806d.jpg
良い子にできた、ご褒美散歩





ということで

また脱線しましたが

ひなのはここで少し足踏みです 








りぼんとひかるの里親様募集中です!
多くの方の目に触れるよう応援のポチポチッといただけると幸いです

 

いつもありがとうございます


スポンサーサイト

| ひなの | 18:00 | comments:2 | trackbacks:0 | TOP↑

2017年07月 | ARCHIVE-SELECT | 2017年09月