の~んびり歩こう

福島県南を拠点に老若男女,犬種,サイズ問わず個人保護活動中。保護~譲渡までの記録。現在5わん滞在中。目指せ全頭屋内飼い!愛玩動物飼養管理士1級。トリマー。

2017年06月 | ARCHIVE-SELECT | 2017年08月

≫ EDIT

遺伝性疾患は泣き寝入りしないで

両大腿骨頭壊死症という重大な遺伝性疾患を抱えたジルくんの

起死回生ストーリーはこちらです

 
「ジルくんの物語」





20170626jilb.jpg
キリリッ 




正式譲渡後、早速掛かりつけの動物病院へお披露目に行っていただいたジルくん

獣医師さんより、素晴らしい快復ぶり!とお褒めの言葉をいただいたそうです

大腿骨頭壊死により再石灰化

関節肥大による激しい痛みがあったはずの、壊死した骨頭を切除して3か月が経過

そんなことがあったなんて傍目には分からないくらい元気に歩けるようになりました





20170627jilb2.jpg

と喜んでいたら、お兄ちゃんがまさかの骨折

お揃いになっちゃったねって涙の記念撮影 だそうです  





20170627jila.jpg

お気に入りのシャカシャカ鳴るおもちゃを堪能中

元気が無い先住のサスケくんのために 沢山揃えていらっしゃったので

おもちゃで困ることは無いようです

これまで難しい子ばかり迎えていらしたKご家族さまなので

眼を輝かせて遊ぶ普通の姿すら嬉しくて、またおもちゃが増えていくことでしょう 



心配された未施術の右大腿骨頭は 幸いなことに様子見で大丈夫とのこと

右は壊死範囲が狭かったためか再石灰化が進んでいません

このまま肥大せずに済めば何よりですね

大変な子をお願いしました

これからもどうぞよろしくお願いいたします



さて

茶系のプードルはテディベアカットが流行り出した頃から不動の人気で

遺伝性疾患があっても精神面に難があっても 構わず乱繁殖が繰り返されています

利益希求の繁殖屋は売れれば良いので、一生苦労する疾患を抱えていても子犬のうちに発症しなければ「売ってしまえばこっちのもの」です

ジルがいたところも乱繁殖を繰り返し大腿骨頭壊死症を抱えた子たちが沢山生み出されていることでしょう



大腿骨頭壊死症だけでなく

ペットショップで茶系のトイプードルを購入されたみなさまのうち、なにかしら遺伝性疾患が見つかった方はどれくらいいらっしゃるでしょう?

購入された時に血統書を渡されているはずです

泣き寝入りせず血統書をたどって繁殖者にラインから外すよう促していただきたい

もしくは血統書を発行している法人に犬舎登録の取り消しや繁殖者への指導を促していただきたい

一件だけのクレームでは腰をあげなくても

たくさん集まれば行動を起こさざるを得なくなります

そもそも血統書の発行元は、そこまでブリード管理出来て当たり前ですし

必要経費は血統書の発行手数料値上げでもして補えばよろしい

飼い主さんは文句を言う権利ありますよ



一般的には血統書が無ければ流通に乗せられません

そうとわかって繁殖を繰り返している者の販路を断つには有効な対処です

血統書を発行している法人で一番大きいところはジャパンケンネルクラブですが

ここでさえ「股関節形成不全症」と「肘関節異形成症」くらいしかチェックしていませんから

その隙間をついてやりたい放題になっているのでしょう



茶系プーはもとより

苦しい、痛い思いをするために生まれてくる哀れな命を

少しでも減らすべく出来ることはあります

遺伝性疾患は本来防げる病気ですから気づいた方から声を出していただけたらと願います







りぼんの里親様募集中です!
多くの方の目に触れるよう応援のポチポチッといただけると幸いです

 

いつもありがとうございます


スポンサーサイト

| ジルくん | 13:37 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

2017年06月 | ARCHIVE-SELECT | 2017年08月