FC2ブログ

の~んびり歩こう

福島県南を拠点に老若男女,犬種,サイズ問わず個人保護活動中。保護~譲渡までの記録。現在5わん滞在中。目指せ全頭屋内飼い!愛玩動物飼養管理士1級。トリマー。

2016年02月 | ARCHIVE-SELECT | 2016年04月

≫ EDIT

優良ブリーダーさんへ

「優良ブリーダー」

「繁殖屋」

わたしはこの言葉を使い分けてます



「優良ブリーダー」は惚れ込んだ犬種の健全な育成に精進されている人であり

常識の範囲での繁殖、終生飼育、予防や治療が出来ていて、愛情を持って飼育している人たちのこと



一般の方には分かり難い部分ですが、犬種の評価はドッグショーへ出陳することでなされます

各地で開催されるドッグショーへ参加するために機材や備品を車に積み込んで犬とともに移動します

国内の移動だけなら大した費用はかかりません数十万程度でしょう

開催に合わせて海外を移動する場合には7~8ケタ台の膨大な費用がかかります

治療や予防、フードや飼育環境など健全飼育への采配にも当然お金がかかります

その子たちを終生飼育しているのですから適性繁殖による子犬の販売だけでは、当然採算は合いません

ですから優良ブリーダーは維持費や生活費は別に稼ぎます

トリミングサロンやホテル、ペット用品の販売、異業種のかたも

その犬種を愛するがゆえです



20151230kou2.jpg
該当登録業者がいないため、モグリの繁殖屋遺棄と考えられるポメラニアン




20151230kou3.jpg
つるし上げのために巻かれていたと思われる細縄痕。長い年月を掛けて肉に食い込んで筋肉組織が変形。



一方「繁殖屋」は

遺伝病や禁忌の知識も無くひたすら産ませ続け、高齢、病気などで産めなくなれば不良品として殺したり遺棄する人

当然のことながら他で利益を得る知能や芸はありませんから

利益最優先で金を生み出す物として動物を扱うのでそれだけで生計を立てることができています

要は犬猫に食わせて貰っている人たちです




20151230kou.jpg




優良ブリーダーの知人や恩師は繁殖屋と同等に見られることを許容してきました

愛護団体、愛護家の中には歯止めが効かずに反社会的な行動に出る者もいますから

下手に意見して目立って面倒なことに巻き込まれたくないと黙ってしまいます

でもそれで良いのでしょうか?

プライドを持って取り組んでいることなら、道を外れている人たちを正そうとは思はないですか?

まず手始めに「動物取扱業者登録」することを血統書発行の交換条件にしていただきたい




血統書を発行しているJKCホームページより抜粋です
(JKC)クラブ会員のみなさまへ
「動物の愛護及び管理に関する法律」について
■ 血統証明書申請について
動物取扱業者登録は改正動愛法に定められている事項であり、本会犬籍登録とは直接関係するものではありませんが、法令遵守に努めていただくようご配慮をお願いいたします。血統証明書申請は従来通り受け付けております。



20160216hana6.jpg
同じく、近辺に該当登録業者がいないブリタニー




20160216hana.jpg
30cmに及ぶ、無謀な帝王切開痕。乳首が半段ずれた不整縫合。




優良ブリーダーを誇る皆様にお願いです

繁殖屋は子犬と血統書をセットにして流通に乗せます

血統書は純血種である証明になるから取引条件に必須だからです

ということは繁殖屋もクラブ会員となっていて犬舎登録しているはずです

動物取扱業者登録を「努力義務」ではなく「義務」に格上げするよう、中から働き掛けていただけないでしょうか?

血統書を発行して欲しくば動物取扱業者登録証明が必要と義務付けして欲しいのです

前回の記事でのJKC理事長がこのレベルですから上層部は利益最優先なのでしょうから、そんなに単純じゃないことはわかっています

血統書を乱発すれば濡れ手に粟でそれだけ儲かりますからね

それでも繁殖屋の無責任な飼育や遺棄を正すためには、行政が飼育状況をチェックできる建前が必要です

建前の根拠になるのが動物取扱業者登録なのです

対応は横一線ではありませんから、繁殖屋寄りの行政もあるかもしれません

それでも何もしないで傍観するよりマシですし、他人の目が一切入らない「もぐりの繁殖屋」を根絶するのに有効です

行政の対応状況は時勢で変わって行きますから、行政が把握してさえいれば多少の展望は開けます



是非内側から行動を起こして下さい

悪質な繁殖屋を追い込みましょう

愛する子たちを守るために






ただ今、さわと翔和の里親様募集中です
1日1回のワンクリックが福島っ子を救うための活動になります
多くの方の目に触れるよう、ポチッといただけると嬉しいです

にほんブログ村 犬ブログ 犬 ボランティアへ

いつもありがとうございます


スポンサーサイト

| 動物愛護 | 10:13 | comments:0 | trackbacks(-) | TOP↑

2016年02月 | ARCHIVE-SELECT | 2016年04月