の~んびり歩こう

福島県南を拠点に老若男女,犬種,サイズ問わず個人保護活動中。保護~譲渡までの記録。現在5わん滞在中。目指せ全頭屋内飼い!愛玩動物飼養管理士1級。トリマー。

| PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

日向ぼっこも大切なお仕事のうち

遺棄されたとはいえ

一般家庭で飼われていた(らしい)子は

お散歩や日向ぼっこで太陽の光を浴びてきており、気にしなくて良いのですが

明らかに繁殖屋出と思われる場合は

日光をほとんど浴びる事無く暮らしてきた可能性が高いため

なるべく日光浴の機会を増やすよう気をつけています





20170424b.jpg





みなさんご存知だとは思いますが日光浴の効能について一応・・・

・カルシウムの吸収を促すビタミンDを合成してくれる

・セロトニン(別名幸せホルモン)の分泌を促して活性化されるので精神的に安定してくる

・成長ホルモンも活性化されるので体内組織の維持と代謝を高める

・紫外線には殺菌作用があるので皮膚病の予防になる



ただし人間より表皮が薄く

普段は被毛で覆われている分、紫外線の影響を強く受けやすいところもあります

被毛を短くした時や夏場は当て過ぎないような注意は必要ですね



引取り当初は神経質なところがあって

自らサークルから出てこない限り接することが出来ませんでした

出てくるってことはテンションが上がってきているので普通に甘えん坊に変身するんですが。。。

しかし最近は日光浴の効果があったのか

関節の痛みから解放されたためか?

諸々の相乗効果か?

何しろ、サークル内にいても威嚇などの攻撃性は見られなくなりました





20170424a.jpg

最近はこんなところで寝ていたりもします

(もとはヒカルのための場所だったのですが)





入院中の一週間もずっとお利口さんだったようなので

俄然扱い易い子になりました

足のことがあるので普段の生活に戻るにはもう少し時間が必要です

ですがルールを守って接していただければ犬飼い初心者の方でも大丈夫そうです

お申込みお待ちいたしております






凜子、おうじろう、ジル、ヒカルの里親様募集中です!
1日1回1クリックが福島っ子を救うための活動になります
多くの方の目に触れるよう、ポチポチッといただけると幸いです

 

いつもありがとうございます


スポンサーサイト

| ジル | 08:32 | comments:0 | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

退院しました

20170414o.jpg

一週間ぶりに保護わんが揃いました





201704014p.jpg

朝ごはんを食べたら、みんなこの陽だまりでお昼寝タイムに入ります

ジルも一番暖かい場所にすっぽりはまりウトウト





20170414q.jpg

おーちゃんもネムネム




20170414r.jpg

凜子は欠伸一秒前






20170414b.jpg

さて

ジルが昨日退院しました





20170414c.jpg

少しずつ足を使う練習を始めるようにとのことで

リハビリについてレクチャーされたのですが。。。





20170414e.jpg

いや

もう自力で歩いてます







動かすと時には激痛を伴う足を強引に使って生きてきた子ですから

足が痛いからとか、力が入らないからとかで

使わない訳はないので

人が手を貸すほどのこともなく

自主的にリハビリしてますね





20170414a.jpg

水平移動は無理しないように気をつけて

飛んだり跳ねたりや走ったりは当分控え

2週間後に進捗具合を診ていただくため通院予定です

そこでOKが出れば普通の生活に戻せそう





20170414d.jpg

とにかく前進あるのみ、な子なので助かります






凜子、ゆず、おうじろう、ジル、ヒカルの里親様募集中です!
1日1回1クリックが福島っ子を救うための活動になります
多くの方の目に触れるよう、ポチポチッといただけると幸いです

 

いつもありがとうございます


| ジル | 11:52 | comments:2 | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

左大腿骨頭壊死症の骨頭切除済みました

20170409g.jpg




20170409b.jpg

術前のジル





7日に両大腿骨頭壊死症のうちの左骨頭切除手術を受けました

一週間絶対安静なので13日まで入院します

今日は術中術後の経過説明を伺いがてら面会に行ってきました





20170409c.jpg







とっても元気です

元気過ぎて足に良くないので早々に退散





20170409d.jpg

壊死した骨頭を切除して大腿骨を正しい位置に固定してあります

この状態でうまく筋膜が張ってくれれば一か月後には通常生活に戻れます





20170409e.jpg

切除された骨頭部分

これが骨盤側のくぼみに隙間なく収まってました

(その画像は撮ってこなかったので、里親様引き継ぎ用にいただいてきます)

壊死した部分を覆うように筋膜と血管が張り巡らされ炎症をおこしていました

関節を動かすたびに出血していたろうとのことで

その痛さは

術中、麻酔が効いているにも関わらず

関節を伸ばしたら身体が反応するレベル

それだけの激痛に長年耐えていたんですね

だから術後の痛みなんて大したことないのかもしれません



右側の骨頭は変形しているものの今は普通に使えているし

画像を見る限り肥大もしてないようなので取りあえず経過観察となります

痛みが出なければこのままでも大丈夫かもしれないとのことでした



通常、発症するのは幼少期なので

その時期からだったとすれば変形具合も小さな範囲に収まっているし

施術した足にも均等に負担がいくようになればこれまでのように酷使しないで済みます

ですから展望としては明るいでしょう



取りあえずこれで大きな痛みからは解放されました

数か月後には元気に走り回れるようになっているはずです






凜子、ゆず、おうじろう、ジル、ヒカルの里親様募集中です!
1日1回1クリックが福島っ子を救うための活動になります
多くの方の目に触れるよう、ポチポチッといただけると幸いです

 

いつもありがとうございます


| ジル | 06:45 | comments:0 | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

遺伝性疾患について思うこと

大腿骨頭壊死症は遺伝性疾患です

ジルの親や兄弟、子供たちなどもこの病気を持って生きているでしょう

仮に発症してなくても疾患要素を持っているはずです

どうでしょう、みなさん

遺伝性疾患を発症したら、仕方がないこととあきらめてませんか?





20170404h.jpg





優良ブリーダーであれば、発症した時点でそのライン(血統)の交配・繁殖を避けることができるんですが

売ってしまえばこっちのものと考えている繁殖屋は

見た目で解かる奇形でも無ければ遺伝性疾患の有無に関係なく繁殖に使います

その因子を持った子たちがノーチェックで流通に乗り

これまた遺伝性疾患に無頓着な飼い主のもとで

この子の子供が見たいから

お小遣い稼ぎに

そんな理由で子供を産まされて

また流通に乗せられてしまいます



結果、遺伝病因子を持っている子たちが巷に溢れ、遺伝病に苦しむ子と飼い主が増えて行くばかり

この不幸な連鎖はいつ終わるのでしょうね?







痛いから触らないで、モードのジル





ひとつの試みとしてお願いです

ペットショップやネットで販売されている子を迎える方は遺伝病因子を持っているリスクも一緒に買っている自覚を持って

繁殖を考える前にしっかりブリーディングの知識を身に付けて下さい




繁殖をお考えの方に是非ご一読いただきたい

   一般社団法人ジャパンケンネルクラブ「繁殖をされる方へ」





大腿骨頭壊死症に限らず

うちの子が遺伝病と診断された場合は絶対繁殖に使わないのはもちろんのこと

遺伝病因子を持った親兄弟を繁殖に使わせないよう

その子の血統書発行元に報告をして繁殖者に警告するよう依頼してください



血統書の発行元は、これに本気で取り組もうと思ったら膨大な労力がかかるのでいい顔はしません

血統を追うのが難しいとか

ひとつの固体でも繁殖者が何度も変わるので把握できないとか

それらしい言いわけをするでしょう

でもね

その言い訳全部、本来の血統書の存在意義からすると本末転倒なんですよ



いっそのこと遺伝性疾患が見つかった子のラインには注意喚起を強制的に血統書に印字するとか

血統書自体を発行しないとか

そういう規則が出来れば良いのだけれど

色々と抜け道はあるんですよね

残念ながら







撫でて欲しい時のジル




これ以上の遺伝病の延を食い止めるには

ペットブームにより濡れ手に粟の利益享受で美味しい思いをした彼らにもひと肌脱いでいただく必要があります

餅は餅屋ですから先頭に立って頑張って貰わないといけません

沢山の意見が寄せられれば何しら動かざるを得なくなるでしょう

不幸ないのちを増やさないために

手始めに声を上げていただきたい






凜子、ゆず、おうじろう、ジル、ヒカルの里親様募集中です!
1日1回1クリックが福島っ子を救うための活動になります
多くの方の目に触れるよう、ポチポチッといただけると幸いです

 

いつもありがとうございます


| ジル | 13:41 | comments:0 | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

自分を守るために、必要だったこと

20170404a.jpg





ジルはちょっとだけ臆病だけど

穏やかで甘えん坊な男の子です

撫でられるとウットリと横たわり、お腹を出してリクエストまでしてきます









それがサークルに入ると一転、守りに入って攻撃的になることもしばしば

チューバッカになった原因もここにあるのかもしれません

手入れをさせなかったのでしょう

あの状態では繁殖に使えませんから遺棄されたのだとすれば

ジルの反抗は功を奏した訳で

決して褒められた行動ではないにせよ

ジルが自力で勝ち取った自由と言えなくもない




20170404b.jpg




そんなことを考えながら

日々穏やかでいられるよう

もう危険なことも痛いこともないと伝わるよう接しています





20170404c.jpg





今このご報告をするということは

すでに改善傾向にあると思って下さい

余り接点がない家人には未だサークルの前を通れば唸ることがありますが

普段世話をしているわたしに唸ることはもうありません



サークルに籠ることが多かった引取り当初にくらべ

どんどん外で過ごす時間が増えており

そうであったろう、穏やかさが前面に出てきています




20170404d.jpg





サークルに入っているときは

古傷に触れるようなことをして問題行動が再燃しないよう、敢えて手を入れることはしません

構われたくない時と思って、そっとしておけば撫でてもらいたくていずれ出てきます

その時は心ゆくまで撫でまわします



もう昔とは違うと気づけば

サークルの中にいたとしても守りに入ることもなくなるでしょう

それにはあともう少し時間が必要なようです




20170404e.jpg




次の手術で術後の痛みが消える頃には

新生ジルが誕生するとの手ごたえは感じていますが

ジルを迎えて下さる未来のママさんに

もしかするとサークル越しに唸ることがあるかもしれません

その時は慌てず怖がらず、スルーしていただいて自ら出てくるのを待ちましょう

おやつで釣ってもOKです

大丈夫と気づけばいずれ見られなくなる行動です







凜子、ゆず、おうじろう、ジル、ヒカルの里親様募集中です!
1日1回1クリックが福島っ子を救うための活動になります
多くの方の目に触れるよう、ポチポチッといただけると幸いです

 

いつもありがとうございます


| ジル | 09:39 | comments:0 | trackbacks(-) | TOP↑

| PAGE-SELECT | NEXT